2010年01月24日

万豚記 トレッサ川崎店

チェーンの中華料理店ですが、どの料理もなかなか美味しくてトレッサの中では一番おすすめではないでしょうか。
坦々麺や麻婆豆腐などの四川系の辛い料理が気にいってます。
坦々麺は唐辛子も効いてますが、それ以上に山椒の辛さがかなり主張していて、舌にビリビリとくる感覚がたまりません。
麺は中太麺のストレートタイプで、スープとの絡みは若干物足りないですが、モチッとした食感はいい感じです。

紅大陸坦々麺
・八角の効いたあっさりしたスープに唐辛子、山椒の辛みが加わり、なかなかの辛さの一品です。生卵を混ぜると若干マイルドになりますが、山椒の辛さは結構インパクトがあります。辛いものが好きな方にはおすすめですね。
CA3A0442.JPG

豚バラ五目焼きそば
・焼きそばは茹で麺か揚げ麺の選択が出来るのがいいですね。
五目の野菜の量が少し物足りなかったですが、豚バラ肉はとても柔らかく、美味しかったです。
CA3A0441.JPG





posted by ゲンマイ at 23:00 | TrackBack(1) | ゲンマイの訪問レストラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PAUL 品川駅店

パンは何種類か食べてますが、全体的に価格が高すぎるのが難点ですね。
本場フランスのパンというだけあって、ハード系のパンやデニッシュなどは結構美味しくておすすめですが、時間が経つとサクッとした食感がなくなってしまうのが残念です。しかも他の店のパンよりもそうなるのが早い気がするのは気のせいでしょうか。朝買ったクロワッサンが昼には既にしなっとしていることが多いもので。。

ただ、私はここのプルミエショコが大好きで、食事というかおやつとして食べてます。う○ぎパイをさらにハードにしたようなプルミエの食感と、程よくビターなチョコの組み合わせが最高です。★★★★★
1枚で結構ボリュームがあるところも気に入ってます。
ただ、売り切れているのか、店にないことも結構多いですけど。。
CA3A0440.JPG


posted by ゲンマイ at 23:33 | TrackBack(0) | ゲンマイの訪問レストラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

アジャンタ インドカリィ店

スープカレー発祥の店とも言われるお店です。
店内は喫茶店を思わせる素朴な作りで何だか落ち着きます。

2人で訪問したので「とりやさい」と「らむ」を食べてみました。
とりやさい 
IMG_0377.JPG
まず大きな野菜がゴロゴロと入っていることにびっくり。
カボチャ、人参、ブロッコリー、しめじなどが入っていてボリューム満点です。
チキンは若干固めでそれほど美味しくはなかったですが、こちらも結構な大きさでした。
肝心のスープはというと、正直美味しいとは思いませんでした。
普段食べなれているカレー特有のコクや旨さなどがさほど感じれず、何口スープをすすっても薄味で物足りない感じがしてしまいます。
薄味でサラッとしたスープは、大ぶりの野菜との相性もよくないです。
細かくカットする方が味が馴染むしパランスがとれると思いました。
ただ、カレーという先入観を捨てて、「カレー風味の薬膳スープ」だと思えば、他に類を見ない独特な味は、何度か食べるうちにクセになってしまうかもしれないですね。

らむ
IMG_0376.JPG
大きなラムミンチが印象的なこちらは、人参、ピーマンも入ってます。
とりやさいと異なるスープで、看板メニューではないようですが、個人的にはこちらの方が気に入りました。
やや辛めのスープは旨みが感じられ、そのスープがラムミンチに染み込んで、肉にジューシーさを与えています。
ラムミンチは結構クセがあり、苦手な方はアウトだと思いますが、そのままではパサッとした肉が、スープとの相乗効果で絶妙な旨さを醸し出してます。

何はともあれ、スープカレーの歴史に触れたようで楽しい訪問でした。










posted by ゲンマイ at 14:27| ゲンマイの訪問レストラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。