2010年02月05日

薩摩 黒牛亭

近くに行く機会があったので、皆さんの口コミを見て行ってみました。
何種類か肉を食べてみましたが、結論としては不満足でした。。
どれを食べても肉の旨みがいまひとつで、素直に旨いと思える肉はありませんでした。
薩摩の牛を一頭買いしてるそうなので、たまたま固体がハズレだったのかもしれませんが、値段が高め(料金設定は高くないですが肉の量が少ない!)だっただけに残念でした。
炭を使っていないせいか、火力が弱いのもちょっと不満でした。
店内は清潔感があっていいんですけどね。

金曜の夜に行ったのに、店に入ってから出るまで誰も入ってこないという異様な状態だったのも、店の現状を表しているのかもしれませんね。

食べた中で、比較的よかったのはロースのリブフク芯(2,000円)でしょうか。
味はあっさりめでしたが、程よい甘みが感じられました。

カルビでは、一番手頃な友バラ(1,300円)と上カルビに相当する笹肉(2,000円)をたべました。
友バラはちょっと硬めで肉の旨みに乏しく、タレに頼らないとそれなりの味にならない一品でした。
笹肉は、見た目のサシはすばらしかったのですが、食べるとやはり肉の旨みがいまひとつ感じられず、むしろ肉の臭みを若干感じました。

厚切りハラミは柔らかくジューシーでしたが、旨みが感じられず。。

ご飯もので「牛肉入りシンプル炒飯」を頼みましたが、柔らかい肉が入っているのはよかったものの、炒飯は家庭料理に毛が生えたほどのクオリティで残念。。













posted by ゲンマイ at 21:25| ゲンマイの訪問レストラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。